ブログ内検索

2015年12月29日

[PC] 15/12/29 RedmineのPHPクローンCandyCaneインストールと日本語化


CandyCaneをレンタルサーバーにインストールしてみた
インストールにはデータベースMySQLまたはPostgreSQLが必要
インストール時に「SQLite」が選択できるのでもしかしたらSQLiteでも動くかもしれない
(SQLiteは今回試してない)


使用サーバーは「バリューサーバー
このサーバーのおすすめプランは”スタンダード”!
ディスク容量100GB、
メールアカウント数・マルチドメイン数・MySQL/PostgreSQLは無制限!!
(2015/12/29現在)



それではインストール&日本語化手順を紹介しよう
※DBはあらかじめ用意されてる物とする


■■■■■■■■■■■■■■■■
■インストール手順
■■■■■■■■■■■■■■■■



【手順01】CandyCaneダウンロード
CandyCaneは下のリンク先よりダウンロードする
//yandod.github.io/candycane/ja/
2015/12/29現在のバージョンはVer.0.9

candycaneインストール
「Ver.0.9をダウンロード」をクリック

candycaneインストール
v0.9.6の「zip」をクリックするとzipファイルがダウンロードできる



【手順02】CandyCaneを用意したFTPへアップロード
ダウンロードしたファイル(candycane-0.9.6.zip)を解凍しディレクトリ名を「candycane」にリネームしアップロード

アップロード後はパーミッション変更する
chmod -R 777 app/Config
chmod -R 777 app/files
chmod -R 777 app/tmp
chmod -R 777 app/Plugin



【手順03】アップロードしたURLにアクセスする
FTPでアップロードしたURLへアクセスする
例://example.com/candycane/



【手順04】インストール前チェック
candycaneインストール
表示にNGがあれば指示に従い修正する
問題がなければ「クリックでインストールを開始します」をクリックする



【手順05】データベース設定
candycaneインストール
今回はMySQLを選択
 Host:ホスト名(通常localhost)
 User/Login:ユーザ名
 Password:パスワード
 存在するデータベースの名前:DB名
 Prefix for table name:テーブル名の頭につける名前(*1)
*1:"candy_"と設定するとCandyCaneで作成されるテーブル名の頭がすべて"candy_"が付加される

入力後は「データベースを設定」をクリックする



【手順06】データベース構築
candycaneインストール
「クリックでデータベースを構築します」をクリックする



【手順07】インストール完了
candycaneインストール
「クリックでインストール用のファイルを削除します」をクリックする
※UsernameとPasswordは、後で使用するのでメモしておく
※「インストール用のディレクトリを削除してください。 /app/Plugin/install」とあるが、実際は「/app/Plugin/CcInstall」が削除される。



■■■■■■■■■■■■■■■■
■初期設定言語を日本語に設定
■■■■■■■■■■■■■■■■



【手順08】ログイン
candycane日本語化
インストールしたURLへアクセスし右上の「Sign in」をクリックしてログインする
ユーザ名とパスワードは【手順07】でメモしたの使用する



【手順09】Settings画面へ
candycane日本語化
上の方にある「Administration」をクリックし
"Administration"画面に切り替わったら中央にある「Setting」をクリックする



【手順10】Default language(初期設定言語)を日本語に設定
candycane日本語化
「Default language」で”Japanese(日本語)”を選択し下の[Save]ボタンを押す
右上の「Sign out」をクリックすると初期設定言語が日本語となる



ここまでの手順で初期設定言語は日本語となるが、アカウントの言語が日本語以外だと表示が日本語化されないのでアカウントの設定も日本語にする



【手順11】アカウントを日本語に設定
candycane日本語化
ログイン後、右上の「My Account」をクリックして
Informationの「Language」で”Japanese(日本語)”を選択し[Save]ボタンを押す



【手順12】日本語完成
candycane日本語化
これで日本語になった!!

candycane日本語化
トップ画面もこのように日本語



※注意点
使用前に必ず初期設定のアカウントの、ユーザ名・パスワードは変更しましょう
adminだとバレバレなので・・・



またプライベート運用ならプロジェクトを非公開とすれば良い
CandyCane非公開
「プロジェクト」→「設定」→「情報」→「公開」のチェックを外す→[保存]ボタンを押せば非公開となります。

CandyCane
プロジェクトを非公開にするとログイン画面に何も表示されない!!


↓おすすめレンタルサーバー↓









posted by wkiki at 13:28 | Comment(0) | PC/家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。