ブログ内検索

2013年11月14日

[PC] 13/11/14 Open Uploadインストール


レンタルサーバーを活用するべく自前のアップローダーをインストール
要は自前の「宅ファイル便」

この「Open Upload」はくせ者でスムーズにインストールできない
何回もやり直して以下の手順でスムーズにインストールできる事を確認した
※細かなオプションは検証してない

以下に手順を示す
参考になれば幸いです

■■■■■入手先■■■■■

ここからダウンロード(本家)
http://openupload.sourceforge.net/

ファイル名
openupload-0.4.2.tar.gz

日本語版はこちらからダウンロード
http://www.nekonoana.info/blog/2012/04/17/openupload-0-4-2ja/
アップロードファイル名やメールの日本語文字化けが修正されてます
インストール手順は本家と同じです



■■■■■インストール■■■■■

【手順1】
ダウンロードしたファイル(openupload-0.4.2.tar.gz)を解凍しサーバーへアップロードする

【手順2】
アップロードした場所をブラウザで開く

【手順3】
Open Upload

[Next]を押す


【手順4】
Open Upload

[Check]を押す



【手順5】
Open Upload

[Next]を押す



【手順6】
Open Upload

パスを確認して[Next]を押す



【手順7】
Open Upload

データベース種類を選択して[Next]を押す



【手順8】
Open Upload

データベース情報を入力および"Populate database"を"Private mode"選択し[Next]を押す
※↑ここは重要



【手順9】
Open Upload

"WebMaster E-mail"と"Site E-mail"を入力し[Next]を押す



【手順10】
Open Upload

管理者情報を入力し[Next]を押す



【手順11】
Open Upload

[Next]を押す



【手順12】
Open Upload

[Restart]を押す
[Execute]を押す
※↑ここは重要



【手順13】
Open Upload

[Execute]を押す



【手順14】
Open Upload

[Execute]を押す



【手順15】
Open Upload

[Next]を押す



【手順16】
Open Upload

"openupload/www"ディレクトリに書き込み権限を与え(707等)[Save Configuration]を押す



【手順17】
Open Upload

"Configuration sucessfully saved!"が表示されれば正常終了
"click here to start using your new site"をクリックする



Fatal error: Smarty error: unable to write to $compile_dir '/xxxxx/xxxxx/openupload/templates_c'. Be sure $compile_dir is writable by the web server user. in /xxxxx/xxxxx/openupload/lib/smarty/Smarty.class.php on line 1092

↑こんなエラーが出たら
↓これをやる
'/xxxxx/xxxxx/openupload/templates_c'ディレクトリに書き込み権限(707等)を与えてブラウザ画面を再読込みする




【手順18】
Open Upload

無事ログイン画面が出た!


openupload日本語

日本語版ログイン画面




インストール終了

レンタルサーバーは↓こちらがおすすめ!
安くて安定してます




 

タグ:Open Upload
posted by wkiki at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC/家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック